高知県立春野運動公園野球場 - Wikipedia

アクセス情報 | 高知龍馬空港

高知県立春野運動公園野球場

高知県立春野総合運動公園陸上競技場(2万人収容。ナイター設備あり よさこい高知国体秋季大会のメイン会場) 補助競技場; ソフトボール球場; 球技場; 体育館; 交通. 電車・路線バスの場合:jr高知駅からとさでん交通桟橋線に乗車、はりまや橋停留場下車。グラウンド: 内野:クレー舗装, 外野:天然芝 高知県高知市のバス停一覧です。路線バス、高速バス、シャトルバスなど全国のバス停の時刻表を検索できます。詳細な住所でバス停を絞り込むことも可能です。 連絡先:高知市スポーツ振興事業団グループ TEL: お問い合わせは (公財)高知市スポーツ振興事業団 高知市大原町 TEL fipunuri.marushin.club 緊急事態発生時の通報のお願い. バスの行先表示のところに「異常事態発生!通報してください」や「sos」の表示がされていたり、通常の運行ではありえない動き(パッシングを繰り返したり、ハザードランプを点滅させたまま運行)をしている場合は、バス車内で異常事態が発生している可能

№137高知市営球場


春野球場 所在地:高知県高知市 開場:1979年 収容人数:16,000人. 行き方: 高知の中心地はりまや橋の交差点から運動公園へ行く路線バスは2019年10月で廃止され、現在は公共の交通機関で直接行く事はできない。しかし、はりまや橋周辺で運動公園の近くを通るバスを捕まえて出来る限り球場まで近づき、あとは徒歩でアタックすることはできる。私が利用したのは運動公園の西にある「南ニュータウン三丁目」というとさでんバスのバス停。このバス停は色んな系統のバスが通るので平均して1時間に2本ほどある。このバス停から球場までは徒歩30分。詳しい時刻表はとさでんバスの公式サイトで。運賃は片道470円。所要時間は30分ほど。(2021年02月現在). 高知市東部野球場 所在地:高知県高知市 開場:1990年 収容人数:8,200人. 安芸市営球場 所在地:高知県安芸市 開場:1965年 収容人数:5,000人.

志度総合運動公園野球場 所在地:香川県さぬき市 開場:1984年 収容人数:2,826人. 四万十スタジアム 所在地:高知県四万十市 開場:2001年 収容人数:1,480人. 南レク城辺公園野球場 所在地:愛媛県愛南町 開場:1981年 収容人数:2,500人. 川之江野球場 所在地:愛媛県四国中央市 開場:1992年 収容人数:8,000人. 丸山公園野球場 所在地:愛媛県宇和島市 開場:1974年 収容人数:4,000人. 室戸マリン球場 所在地:高知県室戸市 開場:2001年 収容人数:9,100人. 高知球場 所在地:高知県高知市 開場:1951年 収容人数:6,000人. 大方球場 所在地:高知県黒潮町 開場:1959年 収容人数:1,000人. 蛇王運動公園野球場 所在地:徳島県海陽町 開場:1993年 収容人数:? 丸亀市民球場 (レグザムボールパーク丸亀) 所在地:香川県丸亀市 開場:2015年 収容人数:10,000人.

観音寺市総合運動公園野球場 所在地:香川県観音寺市 開場:19?? 年 収容人数:1,260人. いきなスポレク公園野球場 所在地:愛媛県上島町 開場:1997年 収容人数:不明. 坊っちゃんスタジアム 所在地:愛媛県松山市 開場:2000年 収容人数:30,000人. マドンナスタジアム 所在地:愛媛県松山市 開場:2003年 収容人数:2,000人. 今治市営球場 所在地:愛媛県今治市 開場:1952年 収容人数:13,500人. 徳島県南部健康運動公園野球場 (JAアグリあなんスタジアム) 所在地:徳島県阿南市 開場:2007年 収容人数:5,000人. 蔵本球場 (むつみスタジアム) 所在地:徳島県徳島市 開場:1952年 収容人数:15,976人. 新居浜市営球場 所在地:愛媛県新居浜市 開場:1985年 収容人数:8,500人. 香川県営野球場 (レクザムスタジアム) 所在地:香川県高松市 開場:1982年 収容人数:22,000人. 土佐山田スタジアム 所在地:高知県香美市 開場:2002年 収容人数:2,900人.

鳴門球場 (オロナミンC球場) 所在地:徳島県鳴門市 開場:1973年 収容人数:20,000人. 観戦したゲーム(3): 2002. 従来の高知市営球場とは別に市東部の田園地帯に新設されたスモールスタジアム。正式名称は「高知市東部総合運動場野球場」。こちらも市営球場と同じくかつてはホークスが福岡ダイエー時代にキャンプを行っていた。現在はプロ野球で使用されることはないが四国アイランドリーグの高知ファイティングドッグスがたまに公式戦を行う。  スタンドは1・3塁側のダグアウトまでしかないショート・バージョンで11列しかない。市営球場とくらべるとだいぶ席数が少ない。座席は全てベンチシートで屋根はなし。スタンドの両サイドに一戸建ての小屋が建っているがこれは審判の控え室やクラブハウスとして利用されている。その小屋から先は内野も外野も含めて全て芝生席。スタンドに日陰はないがベースライン沿いの内野芝生席や外野には大きな樹がつくる木陰がたくさんある。直射日光を避けたい方はこちらで。ただし内野スタンドと同様にベースライン沿いの内野芝生席も高いフェンスがじゃまで視界はかなり悪い。外野の向こうにはライト側に巨大なくろしおアリーナが、レフト側にはしらさぎドームが見える。くろしおリーナは2002年に開催されたよさこい国体のメイン会場となった建物である。1塁側スタンドの裏には介良(けら)川が流れており、1塁方向へのファウルはだいたいスプラッシュになる。また川があるせいか1塁側の芝生席は狭く、ポール際などは人ひとりが通れるほどの幅しかない。この狭いエリアに木製のベンチがぽつんと忘れられたように置いてあり、初めてこの球場を訪れた2003年当時既に朽ち果てそうな感じだったが2020年に再訪した際もまさかの同じような佇まいで健在だった。  両翼94m、中堅120m。フィールドは天然芝でナイター設備はない。球場正面のメインエントランス脇にホークスが1999年と2000年に優勝した記念の木が植えてある。.

行き方: 高知市の中心部「はりまや橋」からとさでん交通の「前浜(まえのはま)・パークタウン方面行き」バスで約20分、「東部球場前」下車徒歩5分。運賃は片道400円。帰りのバスは降りたバス停の反対車線側に来るがサイン等は一切ないので注意。バスは1時間に1本あるかないかレベル。(20年08月現在). 観戦したゲーム(3): 2003. 行き方 バ. 観戦したゲーム(4): 2002. 行き方: JR高徳線「志度」駅・ことでん志度線「琴電志度」駅から東へ徒歩25分。道中にあるスポーツショップニッタで当日券より200円安い前売券を買うことができる。. 観戦したゲーム(1): 2019. 行き方: 土佐くろしお鉄道「中村」駅から徒歩40~50分。駅前のレンタサイクルを借りて行けば20分弱。中村駅へは高知駅から特急で約100分かかる。.

観戦したゲーム(1): 2018. 行き方: 宇和島バスの城辺営業所(城辺バスセンター)下車、徒歩15分。JR宇和島駅か宇和島バスセンターから宿毛方面行きのバスで80~75分、運賃は片道1400円。あるいは土佐くろしお鉄道「宿毛(すくも)」駅から宇和島方面行きのバスで約30~40分。.

行き方: JR予讃線「宇和島」駅からちょっとした登山をして徒歩20分ちょい。駅前を東西に横切る国道320号線を市街地とは逆の東へ。500mほどあるトンネルを抜けると脇道がでてくるのでそいつをのぼっていくと丸山公園へ出られる。道はちゃんと舗装されてるのでご安心を。ナイトゲームの帰りは街灯などないので真っ暗闇になる(帰り道は下りなので20分もかからず駅前まで抜けられる)。. 行き方: 土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線の終点「奈半利」駅から高知東部交通バスの甲浦(かんのうら)行きで「室戸高校前」下車(ただし、室戸高校前を経由しない便もあるので必ず室戸高校前を通る便に乗ること)。バスを降りて5分ほど歩いて広域公園に入り、上り坂をひたすら10分ほど歩くと左手に球場が見えてくる。.

観戦したゲーム(1): 2017. 高知城からほど近い高知市総合運動場にあるのどかな老舗球場。正面には高知市野球場というサインが出ているが一般的には高知市営球場、または単に高知球場と呼ばれている。高知は温暖な気候なので春先はプロ、アマ問わずスポーツチームのキャンプサイトとして賑わう。かつては福岡ダイエーやオリックス、韓国のSKワイバーンズなどのプロ野球チームも春季キャンプを行っていた。四国アイランドリーグの高知ファイティングドッグスが本拠地球場としており、NPBではオリックスがウエスタンリーグの公式戦を行っている。  見てくれや仕様はコンクリ打ちっ放しの典型的な公営球場で住宅地が隣接しているため球場は高いネットで囲まれている。2000(平成12)年に外野が拡張され現在の規格・キャパになり、2012(平成24)年には県内で初めて夜間照明が設置された。スタンドには屋根がないのでデーゲームでは日差しを避けたい人達がバックネット裏の放送ブースの下や1・3塁側に設置されているカメラ台の床下に集中するのがおもしろい。スタンドの傾斜はなだらかだが古い球場なのでフェンスは低くネットも最小限で視界は良好。古い球場には現在のようなネットだらけのヒステリックな安全対策がないのでゲームをじっくり見たいファンにとってはむしろありがたい。座席は全て背もたれ無しのベンチシート。それぞれグリーン、ブルー、オレンジに塗り分けられているが、特にグレードの差があるというワケではない。この球場で一番エキサイティングな場所はスタンドの下、ダグアウト横にある立ち見スペースだろう(普段も開放されているのだろうか?)。金網越しの観戦になるがフィールドと同じレベルなので、スパイクが土をかく音や選手・コーチの声が聞こえたりして相当な臨場感を楽しめる。  両翼96m、中堅121m。フィールドは内野が土で外野は天然芝。照明は6基。ちなみに照明塔の形状はよさこい祭りに使う鳴子(しゃもじみたいな打楽器)をイメージしているらしい。外野は全て芝生席だが普段は開放されていない。外野の向こうにはすぐ民家が並び、その背後には山、山、山...。スタンド下の売店では高知名物のアイスクリンが買えるのでDon't miss it!.

行き方: 高知市の中心部「はりまや橋」から土佐電鉄伊野線で西へ5駅、「グランド通」駅下車。そっから南へ徒歩約10分、鏡川を渡って突き当たりを右に曲がれば球場の入口が見える。. 行き方: 土佐くろしお鉄道中村線「土佐入野」駅から線路を越えて、松林を抜けて徒歩20分。土佐入野駅へは高知駅から特急で約90分。. 観戦したゲーム(1): 2016. 行き方: JR牟岐線「浅川」駅から徒歩30分。浅川の集落を抜けてまぜのおかキャンプ場までの道沿いにコンビニはなく食料調達は難しい。浅川の一つ向こうの「阿波海南」駅からでも歩けるようだが未確認。蛇王運動公園の公式サイトには最寄り駅は「阿波海南」と表記されている。. 観戦したゲーム(1): 2015.

行き方: JR予讃線「丸亀」駅からコミュニティバスで。1時間に1本で運賃は200円(15年3月現在)。徒歩ならJR土讃線「金蔵寺」駅の方が近い。徒歩約30分。阪神主催のウエスタンリーグ開催時は丸亀駅前からシャトルバスが運行された。こちらの運賃は片道300円(15年8月現在)。. 観戦したゲーム(2): 2015. 行き方: JR予讃線「観音寺」駅から東へひたすら歩いて約50分。市役所から出発して市内を循環するのりあいバス(コミュニティバス)が総合運動公園の正門前まで行くが、1時間に1本もないのでアテにはできない。タクシーだと所要約10分・1200円。.

観戦したゲーム(1): 2010. 行き方: 生名島は広島県尾道市の因島からフェリーでわずか5分の島。スポレク公園へは生名港・立石港から無料のシャトルバスが出ているが本数はかなり少ない。島内には公共の交通機関はない。. 観戦したゲーム(1): 2009. 正式名称は松山中央公園野球場。サブ球場であるマドンナスタジアムや愛媛県武道館、屋内外プールなど充実した施設が集まる松山中央公園内に位置する。通称名の坊っちゃんスタジアムは松山を舞台にした夏目漱石の自伝的同名小説「坊っちゃん」からとられたぞなもし。このスタジアムが完成するまでは松山城の敷地内にあった狭い狭い松山市営球場が愛媛県のメイン球場だった(2007年に完全に取り壊された)。プロ野球の公式戦は阪神、ヤクルトの主催試合が近年では定期的に開催されている(2005年にヤクルトの古田敦也がここで2000本安打を達成)。そして2002年には四国初のオールスターゲームが開催されたのも忘れてはいけない。プロ野球以外ではアイランドリーグの愛媛マンダリンパイレーツがメイン球場として使用している。  ファウルエリアが広めではあるが、アッパーデックの屋根の上に設えられた照明やオープン・コンコース・スタイルのスタンドの構造などはどこかアメリカの球場を感じさせるものがある。鮮やかなライトブルーで統一されたシートは1階も2階も全て一人掛けの背もたれ付き。2階席の列数は一定ではなく、ブロックごとに微妙に増えたり減ったりしているので、それに合わせて屋根がウェ~ブしているのがかっこいい。センターにあるスコアボードの文字は以前は見にくい磁気反転だったが、オールスター開催を機に愛媛らしくオレンジ色の電光に変更された。  両翼99.

観戦したゲーム(2): 2001. 松山中央公園内にある坊っちゃんスタジムのサブ球場。通称マドスタ。サブと言ってもそこらのサブ球場と一緒にしてもらっては困る。練習用グラウンドではなくもはや単体の球場として成立していて、興業も打てるキング、いやクィーン・オブ・サブ球場とでも言うべき立派なハコである。何がスゴイかってまずキチンと球場の顔というべき外観があり、ボールパーク・サインも掲げられている点。外観は本球場と同じくコンクリ打ちっぱなし。正面中央に関係者入口があり、観客は両脇の階段から2階のスタンド裏コンコースへ上がる構造はどこにでもある球場様式。スタンドはバックネット裏と一段下がったベースライン沿いエリアに分かれており、バックネット裏には小さいながらも屋根がかかっている。座席はベンチシートではなく、なんとすべて一人掛け(背もたれはさすがにないが)。サブ球場なのに観戦する人のコトを考えて造られてるのだから恐れ入る。しかしながら観戦環境はあまり良くない。スタンドの最前列には過剰とも言える高いフェンスが張り巡らされていて常にストレスを抱えた観戦を強いられる。特にベースライン沿いのスタンドはたった4列しかなく、最上段に座ってもフィールドがモロにフェンスで遮られる格好になる。外野も芝生席になっているがこちらも同様にフェンスがうるさい。サブ球場と言えど量産型C級地方球場並みの設備を備えているので安全対策もしっかりしているワケだ。スタンドからは眼前に本球場の威容が迫る。野球場をバックに野球観戦なんてなかなかお目にかかれないシチュエイションではないだろうか?ライト側に見えるガラス張りの立派な建物はアクアパレットまつやまというインドアプール。  サイズは本球場と同じで両翼99.

観戦したゲーム(1): 2007. 行き方: JR予讃線「今治」駅よりせとうちバスで約6分、「球場前」下車スグ。運賃は130円(07年8月現在)。国道317号線沿いにあり、今治駅から歩いても20分くらいで行けそう。. 行き方: JR土讃線「阿波池田」駅より山をひとつ越えて徒歩約50分。あるいは駅前より四国交通バスかせとうちバスで「板野」停留所下車、徒歩10分。本数は四国交通バスの方が圧倒的に多い。.

行き方: JR牟岐線「桑野」駅より徒歩30分。オフィシャル・サイトには駅から徒歩15分と明記されているが、実際歩いてみるとたっぷり30分はかかる。. 行き方: JR徳島線「蔵本」駅から国道192号線に出て西へ徒歩10分。徳島大学医学部を左に見つつ、キャンパスを過ぎると蔵本公園の入口が見えてくる。. 日本全国、どこの地方都市でもありそなBマイナー級の公営スモール・スタジアム。フィールドレベルに放送ブースやダグアウトがあってその上にスタンドが乗っかってる造りは、昭和後期以降の新し目の球場では共通の様式。球場の周囲は住宅街になっており、地元民の生活圏内にひっそりと佇んでいる。1992年から98年までオリックスが毎年ウエスタンの公式戦を主催、また近年ではアイランドリーグの愛媛マンダリンパイレーツがちょこちょこと公式戦を開催している。  現在の球場は1985(昭和60)年に全面改装されたもので、オリジナルは同じ場所に1953(昭和28)年に完成していた。このグレードの球場では珍しくネット裏席は背もたれ付きの一人掛けで、全体的に屋根がかかっている。基本的にはデイゲーム開催の球場なので屋根は非常に有難い。ベースライン沿いのスタンドは言うまでもなく全てベンチシート。シートにはファウルボールの直撃痕と思われるクレーターが無数に出来ており、サビで茶色く変色したコンクリ床と相まって場末の退廃的なムードが漂う。ネット裏とベースライン沿いのスタンドは構造的には分離しているが行き来は自由。なおスタンドはポール際まで伸びているが、外野へ行くにつれて先細りしていくタイプ。外野芝生席は資料では3,010人収容となっているが、狭くて傾斜が思いっきり急なため実際は全く使用されていない(なので実質キャパは5,500人という計算になる)。   両翼91m、中堅118m。両翼の割にはセンターが深い。フィールドは天然芝。照明灯のようなものが一応あるが、恐らくコイツは薄暮の補助的なもので、ナイトゲームには対応していないような気がする...。スコアボードはセンターにあり、バックスクリーンと一体型。無論手差しで選手名を表示するスペースなどはない。レンタル料など全てにおいて、アイランドリーグにはちょうどよい規模の球場ではないだろうか。.

球球場 JR予讃線「新居浜」駅から北(海側)へまっすぐ徒歩約45分。あるいは駅前からせとうちバスの今治、小松、住友病院方面行きで「元塚」下車、徒歩10分。本数はそこそこ多い。. ссылка на продолжение  スタンドの座席は3種類に分けられている。屋根のかかっているオリーブグリーンでペイントされたバックネット裏と内野下段のオレンジでペイントされた席は背もたれ付きの一人掛け、通路より上の内野上段席はベンチシートになっている。スタンドはバックネット裏が一番列数が多く、外野に行くにつれだんだん列数が少なくなっていくタイプ。福井など2万人規模のスタジアムはこの手のタイプが多いような気がする。座席の列番号は数字の「1」から始まるのではなく、1列目が平仮名の「あ」から始まっている。銭湯の下駄箱(あるいは「かごの屋」の下駄箱)のようでなかなかロマンチックじゃないか。93年にアップ・グレードされたスコアボードと照明灯はオリーブブラウンでペイントされている。一応オリーブスタジアムという愛称があるのでインテリアもそれらしい色にしようという配慮か。  両翼96m、中堅122m。フィールドは天然芝でナイター設備あり。外野は全て芝生席。スタンド裏のコンコースに讃岐うどんの売店があるのは言うまでもないが、味はそれほど期待できない...(かけ300円)。.

行き方: JR予讃線「高松」駅からコトデンバスで20分弱。プロ野球、アイランドリーグの試合のある日は直通シャトルバスが駅前のバス・ターミナルから30分おきに出る。運賃は片道300円。(06年9月現在). 行き方: JR土讃線「土佐山田」駅から北へ徒歩15分。地図は駅に置いてあるので、それを頼りに住宅地を抜けて行くと丘の中腹ぐらいに球場が見えてくる。土佐山田駅へは高知駅より8駅・約30分、運賃は片道350円。(03年10月現在).

正式名称は鳴門総合運動公園野球場。察しの通り鳴門総合運動公園内にあり、隣接する陸上競技場はJリーグ・徳島ヴォルティスの本拠地になっている。徳島県内でプロ野球が開催される事はめっきり少なくなったが、かつては日本ハム、オリックス、阪神がオープン戦を、オリックスがウエスタンの公式戦を行った事がある。現在では四国アイランドリーグの徳島インディゴソックスがよく使用している。典型的な地方のB級スタジアムといった印象でこれといった特徴は見受けられない。とは言ってもスタンドはそれなりのキャパはあるし、外見もシンプルではあるが悪い感じもない。なんの特徴もないスタジアムだが「徳島イチである!」と言われても誰も文句は言うまい。 больше информации. 行き方: JR鳴門線「鳴門」駅より徒歩25分。撫養川沿いに歩けば左手にスタジアムの照明が見えてくる。また鳴門駅、徳島駅からバスが出ている(「総合運動公園」下車)。.

観戦したゲーム(1): 2002.


医療 ウエア, ダーツ 上達 コツ, ウィービング 繰り返し, スポニチ 広島