シンクに熱湯を流すとボコッと音がする理由とは?熱湯は流さない方が良いのか?

排水溝に熱湯は流してはいけないって本当?

『流し台に熱湯』以外にもあった!トラブルを呼ぶ水回り3つ常識|水回りトラブル入門

キッチンの排水溝を使用する時には温度に注意!. 実は、 排水溝には熱湯を流してはいけません 。. なぜなら、排水溝の奥にある排水管にはほとんどの場合塩化ビニル樹脂が使用されており、その 耐熱温度は約60度から70度くらい となっているからです。. もし度近くの熱湯を流した場合 排水管が破損したり変形したりする可能性がある のです。. そうなると、水を 排水溝に熱湯を流すと排水管が破損するトラブルも! レトルトパックを湯煎で温めたあとに熱湯を排水溝へ流しますと、ステンレス製のシンクは熱膨張し「ボコッ」という音が鳴ってびっくりすることもあ 短時間なら問題がないでしょうが、長期間熱湯を流すと熱によりパイプ・継手が変形し破損する恐れがあるので、熱湯はあまり流さない方が無難です。 なぜ、流し台に熱湯を流してはいけないかというと、排水口に使用している『塩ビ管』が熱で変形するからです。 つまり、ステンレスのシンクから音がするのが問題ではなく、その『下の排水口が壊れる』という話なので勘違いしないでください。 熱湯を流すと、ステンレスなどの流しそのものはいいのですが、 配水管の接続部分などが変形する可能性があります。 もしそうなってしまうと、そこから水漏れを起こしたり、 あるいはゴキブリなどの侵入を許すようになってしまう・・・ということです。

ステンレスの流し 熱湯は流さない
最新更新日 2020 年 08 月 20 日 まずは状況をお知らせください 通話料無料/24時間365日受付 0120-0120-24. ゴミを受けとめる クリン網かご もつなぎ目がないステンレスの一体成型! 美コート も施されてます^^. 初め シャワーホースなんてなくていいかな ! なんて思ってましたが、あまりの便利さに使わない日はありません。. 生活に必須の設備として、キッチンはどこの家庭にでもあります。料理をしなくても、水は生活に欠かせませんし、洗面所がない場合には代用する場所にもなっています。キッチンは水を使う場所であることから、トラブルを起こしてしまうと、大惨事になってしまう可能性もあります。 特にシンクの下は、収納スペースになっている場合が多く、水漏れの被害によって、置いてあったものが使えなくなることもあります。さらに、2階で水漏れしてしまうと、1階に漏水する危険が出てきます。 そうなると、状況によっては責任問題が発生して、まとまった金額が請求されることも考えられます。もちろん、水漏れを放置しておくと、腐食する部分も出てきますし、異臭が漂う原因にもなります。水はどんどんとあふれてくるのですから、対策をしていかなければいけません。. WEBキャンペーン ご注文の際に「ホームページを見た」と お伝えいただくと・・・. このように、 お湯はキッチンの排水溝やチョウバエを退治するのにとても役立ちます 。お湯というのはかなり万能な液体なのです。しかし、お湯を使う時にはくれぐれも温度に気をつけ、きちんと 温度管理を徹底 してください。. もし100度近くの熱湯を流した場合 排水管が破損したり変形したりする可能性がある のです。 そうなると、水を流した時に排水が上手く行われず、水漏れが起きるなどのトラブルも考えられます。. 詰りの原因が排水口のさらに奥にある場合は、専門業者に依頼するしかありません。 その際、何が詰まっているかを伝える事で、スムーズに修理が行えるでしょう。.
多少歳をとると逆上して幼稚になる人は多い, 瀬戸総合運動公園 テニスコート, エルフナイン 格好